新車・車値引きはココだ!最もオトクに購入【新車値引きガイド】

ローンがまだある場合はどうなるの?

車を購入する場合にはローンが利用されることが多いです。

車買取というのは、このローンがまだ終わっていなくても行うことができるものです。

まだローンが残っている車は、正確には他人の所有物になります。

 

ローンを組み替えたり、ローンをすべて返済したりすれば、所有権を自分のものとすることができます。

また中古車査定をして査定金額を知り、その金額よりもローンの残りが少ない場合には、その金額によってローンを返済したこととすることが可能になるのです。

 

こういった方法により、まだローンがある車でも車買取に出すことが可能になります。

ローンを完済するまで待つと、その車の中古車市場での価値が下がってしまいます。

ですからまだローンがありながらも買い替えたいと思ったのなら、中古車査定をして車買取をしてみましょう。

 

このとき大切なのは、ローンがまだあるから…という思いに縛られずに車買取の準備を進めていくことです。

そういう思いが強すぎると、かなりの損になってしまうのにも関わらず、よく考えずにそのまま契約してしまうおそれが出てくるので注意が必要です。

せっかくの車買取ですから、ローンの有無に関わらず、その状況下で最も得する方法を考えていきましょう。



PageTop